スポンサードリンク


mixiにコミュニティーを作っています。

介護事務フォーラムmixi
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1453361

mixiIDをお持ちの方は、ぜひmixiのコミュニティーのほうもご利用ください。
私よりも経験の豊富な方々が質問に応答してくださいます。

2005年02月20日

特定福祉用具

今日は介護保険で購入できる介護用品

ご紹介をします。


一般に福祉用具としてオムツやいろんな用品がありますが、

介護ベッドや車椅子などはレンタルが主になります。

でも、トイレ・お風呂用の介護用品は衛生上買取りとなってしまいます


そのとき、高額にならないよう、介護保険を使って1割の負担だけで

押さえることが出来ます。

これを特定福祉用具といいます。


特定福祉用具

腰掛け便座・特殊尿器・入浴補助用具・簡易浴槽・移動用具リフトのつり具の部分


1割が利用者負担、あとの9割は治自体が負担してくれます。


購入の仕方はケアマネジャーから薦められる業者でも、ネットショッピングでもかまいません。

購入した商品の明細がわかる領収書(金額だけはNG)と

購入した商品の写真入のパンフレット(コピーでよい)と

申請書(役所にあると思います)を提出すると9割分が還付されます。

業者によってははじめから利用者は1割分だけを支払い、

あとの役所への9割の請求代行もしてくれるところがあります。


購入には限度額が決まっており、4月から3月までを1年とし、

その間、10万円まで購入できます。

同じ種類の用品はだめですが、年度が変わると買い換えのことも考慮し

購入できるようになります。


実際にどのような商品があるのかは、改めてご紹介します。



介護職専門の求人情報サイト カイゴジョブ。
ヘルパー・ケアマネ・看護師などの求人情報14,000件掲載。応募無料


posted by り〜★ | Comment(3) | TrackBack(0) | 福祉用具
スポンサードリンク





1,980円でできるウイルス対策ソフト


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。